こんにちは、KUROです。

最近太陽光が恋しくなっています。
天気が悪く、雨ばかりで気分が落ち込んでいます。
洗濯物も乾きづらいですし

雨のせいで買い物に行くのもめんどくさいですし、やる気も低下します。
(僕だけじゃないはず・・・)
この梅雨の時期は色々と生活面においても大変ですね。

 

 

さて、今回の記事なんですがスニーカーのリリース情報をお届けします。

今回紹介するスニーカーは、2020年に話題となったNIKEのスニーカーで

NIKEが「これはゴミです。」と広告しているものです。

 

今回紹介するスニーカーはこちら!

Nike Space Hippie 01,02,03です。

 

まずはNike Space Hippieシリーズの簡単な説明をしたいと思います。

 

 

 

Nike Space Hippieとは

 

まずこのシリーズの広告が

“This is Trash”(これはゴミです。)

という衝撃的なものです。

 

その広告の通りこのシリーズはゴミでできているんですね。
このスニーカーのおおよそ半分がゴミで作られているそうです!

また、このシリーズを制作する時のCO2(二酸化炭素)の排出量が少ないということで環境にも良いということです。

 

アッパーの素材は高度強度かつ軽量をもつファイバー素材のフライニット

色を塗ってなく、ゴミそのままの色
ということです!

 

ちなみにフライニットの素材は、100%再生素材でできていて
ペットボトルやTシャツの切れ端などを使用しているそうです。

フライニットは元々再生素材で作られているため、
NIKEさんは昔から環境問題に対して積極的に取り組んでいました。

 

本当に頭が下がります。。

 

 

ミッドソールのマーブル柄の模様ですが、これもゴミです。
クレーターフォームという新しい技術で作られていまして
グラインドラバーというものを混ぜ込んで作り込んでいます。

つまり、グラインドラバーというものはゴミを指しています。
この技術によって、CO2(二酸化炭素)の排出量を削減しているということです。

 

そして、このスニーカーには白色のフォームを搭載しているんですが
このフォームは今年の箱根駅伝で非常に話題となったランニングシューズ


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%

ズームXというフォームの廃材を利用しています。

 

このスニーカーは素材を無駄にしないという意志が伝わってきます。

少し熱く語りすぎてしまいましたね。(笑)

 

 

 

NIKE Space Hippie 01,02,03

 

繰り返しになりますが、NIKEさんの広告は”This is Trash”(これはゴミです。)

 

少なくとも僕はこんなにかっこいいゴミを知りません(笑)
3足ともグレーのフライニットでアッパー全体を構築。

所々をボルトカラーの差し色で配色

デザイン性も優れており、シンプルなスニーカーです。

 

 

Nike Space Hippie 01

シンプルな1足のローカット
サイドにはボルトカラーのスウッシュを配置
シュータンにはNikeの文字とスウッシュ、01のナンバー
ヒールにはスウッシュの”風車ロゴ”が配置されています。

 

 

こちらのモデルは

[発売日] 2020年 7月 16日
[販売価格] 15,400円(税込)
[Style Code] CQ3986-002

となっています。

 

 

Nike Space Hippie 02

こちらも01とほぼ同じモデルですが、大きく違うところはシューレース(靴紐)がないところが特徴ですね。
靴紐を結ぶのがめんどくさい方にはオススメです!

また黒の網目模様のアクセントも特徴です。

 

こちらのモデルは

[発売日] 2020年 7月 16日
[販売価格] 18,150円(税込)
[Style Code] CQ3988-002

となっています。

 

 

Nike Space Hippie 03

こちらのモデルは、上の2足とは大きく異なってハイカットのモデルとなります。

近未来感が漂う1足で、Air Jordan 33 にも採用された
”ファストフィットテクノロジー”を搭載し、
上に引っ張ることで、好みのフィット感を調整することができます。

 

こちらのモデルは

[発売日] 2020年 7月 16日
[販売価格] 21,450円(税込)
[Style Code] CQ3989-002

となっています。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

前作もそうでしたが、いいカラーリングでデザイン性も良いですね。

ゴミで作られているスニーカーとは思えないようなかっこよさです。

 

環境問題を意識して製作したスニーカーなので、
普段そのような問題を意識していない方も少なからずNikeさんからのメッセージを受け取ってくれるのではないでしょうか?

 

是非、この形以外にも異なるデザインも作って欲しいですし、
未来に繋げて欲しい技術だと思います。

 

 

 

余談ですが

 

今回の記事はNike Space Hippieシリーズの3足を紹介しましたが

この記事をご覧になっている皆様はこのモデルは好きですか?

また好きであるなら、01、02、03のどのモデルが好きですか?

是非そのことを”コメント欄”に書いていただければと思います。

 

では、今回はこの辺りで失礼させていただきます。

See you then.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です